才塾ブログWeblog

受験に向けて

いよいよ冬の受験シーズンが近づいてきました。

 

中間テスト期間が終わり、気候も肌寒くなってきました。

テストですが、返却されたら間違えた問題を中心に必ず見直しをしてください。

 

「点が良かった」とか「悪かった」とかは済んだ話です。「なぜ解けなかったのか」を考えながら、答えを見ながらでもいいのでもう一度解いてみてください。

 

気付けば11月で、タイトルにもあるように受験生にとっては受験について本格的に考える時期となりました。

まず中3生ですが、公立高校を受験するのであれば「中3の学校の成績(内申点)」が合否の得点に約半分加味されます。

主に1、2学期の成績から判断しますが、おおよそ自分のレベルは分かるはずなので、受けるかもしれない学校へは

一度足を運んでみてもいいと思います。

 

もっとも、まだ期末テストがあるので、簡単に目標を下げる必要はないです。

成績も実力も、良い意味で最後までどうなるか分かりません。次の期末テストに向けて勉強しましょう。

 

私立を公立の第二志望で考えている人は、やはりこちらもどのような学校かをきちんと調べておく必要があります。

現実問題、通える距離などが決め手になるかもしれませんが、私立は学校ごとに特色が大きいです。

もしかしたら通うかもしれないので、ネットでもパンフレットでも、よく見て受験校を決めましょう。

そして大学進学などを考えるのであれば、私立高校を第一志望にするのもアリです。

私立の進学校は、一般的には公立高校よりも優れた点が多くあります。

 

「受験に向けて」というタイトルですが、別に受験生だけに限った話ではありません。

いやむしろ、中1中2、高1高2の段階から考え始めても、決して早くはありません(特に高校生は)。

 

○○高校・大学に行きたいのなら、今の学力で行けるのか?そもそも志望校は決まっているのか?

もっと視野を広げれば、将来どういった方向に進みたいのか?

 

学生の皆さんには、少し先を見て物事を考えられるようになってほしいです。

お知らせ 才塾 大北校 2020.10.29

PAGE TOP