才塾ブログWeblog

勉強のコツ 1

受験生は入試に向けた勉強に学校の勉強にと忙しい毎日を送っていると思います。

 

さて、今回は記憶に関するイギリスのサセックス大学の実験をご紹介させて頂きます。

 

実験の内容は、参加者に2つのグループに分けてYoutubeの動画を26本見せ、どちらのほうが2週間後に動画の内容を覚えているかというものです。

 

1つ目のグループはただ動画を見るだけ。

2つ目のグループは、動画を見た後に40秒だけ動画の内容を声に出して他人に説明するという復習を行いました。

 

2習慣後のテストの結果を見ると…

1つ目のグループはほぼ何も思い出せなかったのに対し、2つ目のグループは要点やかなり細かい内容まで覚えていたのです。

 

また、40秒の復習の際にどのように脳が動いているのかを検査したところ、脳の中の後帯状皮質(記憶の整理に関する部分)が活性化していたそうです。

 

この研究から、たった40秒復習をするだけでも記憶の維持に大きな違いがあることがわかります。

また、人に教えることで自分自身の頭の整理を行うことも大切であると言えるでしょう。

 

この実験結果を活かした勉強の実践の例としては、

先生が説明してくれた内容を自分の頭でもう一度整理してみる。

その日習った内容を家に帰ってから思い出してノートにまとめなおしたり、誰かに説明してみる。

テスト前にそのテスト範囲をまとめたり誰かに説明したりする。

受験勉強をした最後に、今日やった内容を総ざらいする。

といったようなことことが挙げられます。

 

なお、ノートを作るときは、ただ教科書やプリントを写すのでなく、人に説明することを考えながら書くことが大切になります。

 

勿論、40秒だけやればあとは何もしなくて良いという訳ではありません。

勉強は継続することが大切です。

 

是非今後の勉強の役に立ててみて下さい。

スタッフ日記 才塾 久米田校 2020.09.04

PAGE TOP